相談窓口の利用方法

保険の相談窓口を利用する際は、必ず予約が必要です。必ずとはいっても、その場で思い立って来店するお客様もいます。その場合は、予約で埋まっていれば日取りを決めて予約のみをし、空いていればその場で相談が可能です。タイミングによっては飛び込みで行っても相談を受け付けてもらえますが、待ち時間を短縮するためにも、可能であれば先に予約をしておきましょう。

また、相談時間を有意義に過ごすために、現在加入している保険の詳細をメモしたものや、契約内容がわかる書類を持っていくことをおすすめします。資料があることで、相談を受ける人も見直し内容を提案しやすくなります。一番理想的なのは、自身が加入している保険会社名と保険料、その種類と特約など、細かい情報まで伝えられることです。保険の内容を忘れてしまっていたり、契約内容を忘れてしまっていると、新たに保険加入しても内容が重複してしまい、無駄が発生することもあります。

自分の考えや、どうしたいかということを明確にしておくことも大切です。もちろん、担当の方に全体的なアドバイスを求めることもかまいませんが、どんな保険が理想なのかとうことはきちんと伝える必要があります。保険の知識がなくても、保険料が安い方がよい、掛け捨てでもいいから手厚い保険の方がいいなど、希望は伝えられるようにしておきましょう。

Published by